新製品情報

2006/11/06

RoHS指令対応 10ギガアップリンク用拡張スロットL3マネージメントスイッチ DGS-3600シリーズ販売開始のお知らせ

[新製品情報]

ディーリンクジャパン株式会社(本社:東京都港区港南代表取締役社長大久保融)は、SFPMiniGBIC ポート/10 ギガアップリンク用拡張スロット付スタッカブルレイヤー310BASE-T/100BASE-TX/1000BASE-T スイッチxStack DGS-3612G、DGS-3627、DGS-3627G、DGS-36504 機種を11 月6 日から受注を開始いたします。
xStack DGS-3600Series を含め、ディーリンクジャパンが提供する製品は、環境に考慮したRoHS指令対応製品です。

xStack DGS-3612G/3627/3627G/3650 は、10/100/1000BASE-T( 自動認識) を搭載し、SFP(MiniGBIC)ポートを装備しており、10 ギガアップリンク用拡張スロットでバックボーンの利用が可能です。(DGS-3612G を除く) 又、最大12 台までスタック可能な次世代型スタッカブルレイヤー3 スイッチです。高パフォーマンスで柔軟な拡張性と冗長性、リダンダントパワーを19 インチラック1U サイズで提供します。
DGS-3612G/3627G は、10/100/1000BASE-T(自動認識)4 ポートがSFP ポート(4 ポート)とのコンボポートとなっており、SFP(MiniGBIC)ポートを各々12 ポート、24 ポート搭載、更にDGS-3627G は、10 ギガアップリンク用拡張スロットを3 スロット装備しております。DGS-3627/3650 は、10/100/1000BASE-T(自動認識)を24 ポート/48 ポート、SFP(MiniGBIC)ポートを4 ポートと10 ギガアップリンク用拡張スロットを各々3 スロット/2 スロット装備、GUI ベースのSIM(Single IPManagement)がネットワーク上に混在する機器の一元管理を実現し、システム運用・管理の効率化を行います。