最新ニュース

2012/07/12

D-Linkのルータ、スイッチ、無線AP等においてソリトンの NetAttest EPSで検証

[最新ニュース]

ネットワーク機器・製品ソリューションをグローバルで展開するD-Link Corpの日本法人、
ディーリンクジャパン株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:廖晋新(マーティ
・リャオ)、以下:D-Link)は、国内Radiusサーバアプライアンス市場でトップシュアの
株式会社ソリトンシステムズ(本社: 東京都新宿区、代表: 鎌田信夫 以下、ソリトン)
のネットワーク認証アプライアンス「NetAttest EPS」との接続検証を実施しました。

検証機器は、D-LinkのギガビットスタッカブルL2スイッチ DGS-3120-24TC、802.11nワイヤ
レスアクセスポイントDAP-2690、次期新製品ワイヤレスコントローラスイッチDWS-3160-24
PC、及び同ワイヤレスコントローラ対応アクセスポイント DWL-8600AP、そして次期新製品
Cloud-WiFi DAP-2555を利用して接続検証を実施しました。

従来ITシステムを接続する役割を担っていたネットワーク機器も単なる接続機能から、ITシ
ステム・ネットワークにおけるセキュリティ対策を強化する機器として、ユーザ認証、検疫
などを利用し、より高度なセキュリティ対策が求められるようになってきています。
また、ワイヤレスLANを用いたスマートフォンやタブレットPCのビジネス利用が急速に広が
ってきており、従来のパソコン中心の有線LANネットワークとWi-Fi無線LANの導入が急務な
課題となっています。

D-Linkでは、D-Link Smart Green Wi-Fi&Ethernet と題して、有線LAN、無線LAN、WANにお
いて環境性能の優れた、信頼性の高いネットワークを常に提供しております。

今回の検証によりエンドポイントネットワークのセキュリティを統合的に高め、システム全
体をより安全なネットワークとして提供することが確認できました。
また、D-Link製品とソリトン「NetAttest EPS」との連携により、さらに高度で多彩なセキ
ュリティ・ソリューションを構築することが可能となります。

今回、ソリトンのネットワーク認証アプライアンス「NetAttest EPS」との接続検証において
は、D-Linkのネットワーク機器を「NetAttest EPS」が提供する方式で認証でき、幅広い利
用環境やユーザー層に有効なネットワークセキュリティを提供します。

ソリトン動作検証済みD-Link機器一覧表掲載(詳細は別途)