新製品情報

2012/06/29

10/100BASE-TX レイヤ2スイッチ『DES-3200シリーズ』に新製品3機種を追加

[新製品情報]

ディーリンクジャパン株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:廖 晋新(マーティ・リャオ)、以下:D-Link)は、10/100BASE-TXのレイヤ2スイッチ『DES-3200シリーズ』に新製品3機種を追加し、2012年6月29日よりパートナー各社を通じて販売を開始致します。

今回新たに追加されるのは、『DES-3200-52/T 』、『 DES-3200-28P 』、『 DES-3200-52P 』の3機種です。
本3機種を加えることで、DES-3200シリーズのラインナップは全8機種となり、より柔軟なネットワーク設計を行うことが可能になります。

これまでDES-3200シリーズでは、8ポート/16ポート/24ポートの製品ラインナップでしたが、今回高密度48ポートに対応した『 DES-3200-52/T 』をラインナップに追加いたしました。
『 DES-3200-52/T 』は、10/100BASE-TX×48ポート、10/100/1000BASE-T×4ポート、SFPスロット×4、10/100/1000BASE-T(Combo)×2の高密度インターフェースによる効率的なネットワークの集約化が行えるようになります。

また、『 DES-3200-28P 』と『 DES-3200-52P 』は、IEEE802.3af、及びIEEE802.3atに対応したPoE給電対応モデルです。
『 DES-3200-28P 』は、10/100BASE-TX×24ポート、10/100/1000BASE-T×4ポート、SFPスロット(Combo)×2のインターフェースに対応しており、1~4ポートにおいては、PoE+による30W給電も可能です。
『 DES-3200-52P 』は、10/100BASE-TX×48ポート、10/100/1000BASE-T×4ポート、SFPスロット(Combo)×2のインターフェースに対応しており、1~4ポートにおいては、PoE+による30W給電も可能です。

本3製品をラインナップに加えたDES-3200シリーズは、セキュリティ機能に優れたスタンダードなマネジメント レイヤ2スイッチ製品です。
IEEE802.1X認証やMAC認証などの豊富な認証機能により、未登録端末が企業ネットワークへのアクセスすることを未然に防止可能です。
また、DHCPサーバスクリーニングやDoSアタック防御など、悪意ある第三者からのアクセスから防御する機能により、企業の大切な情報資産を守ることも可能です。

合わせて、日本でもニーズの高い各種機能を積極的に実装しており、IPv4/IPv6デュアルスタック対応によるIPv4枯渇対策の実現、ループ検知機能やケーブル診断機能などの障害対策機能などにも対応しています。

日本の高温多湿な環境に配慮した50℃対応、設置場所を選ばない温度可変式ファン採用による静音化など、お客様の多様なご利用環境にも配慮した製品設計を採用するなど、環境性能の強化も実現しています。
シリーズ全てでD-Linkの長期無償保証制度であるリミテッドライフタイム保証(製造終了日から5年間の保証)に対応しており、ネットワークの保守運用負担を大幅に軽減頂くことが可能です。

【販売開始製品・価格】

製品名
標準価格
インターフェース
DES-3200-52/T
¥108,000
10/100BASE-TX×48SFP×4、2 Combo 10/100/1000BASE-T
DES-3200-28P
¥128,000
10/100BASE-TX×24PoE対応)、10/100/1000BASE-T×42 Combo SFP
DES-3200-52P
¥248,000
10/100BASE-TX×48PoE対応)、10/100/1000BASE-T×42 Combo SFP