D-Link スイッチ仮想化ソリューション

D-Linkスイッチの2つの仮想化ソリューションをご紹介します。

①物理スタックソリューション
② Vatual Router and Fowarding Lite(VRF-Lite)ソリューション

物理スタックはレイヤ3スイッチでは4世代目となり、対応シリーズもスタンダードタイプのL2スイッチまで広がっており、多くのお客様でご利用を頂いています。
チェーン構成、リング構成の選択や、筺体を跨いだリンクアグリゲーションを組むことで、可用性の高いネットワークを構築可能です。

また、VRF-Liteソリューションは、1台のレイヤ3スイッチに仮想的に複数のルーティングテーブルを作成することが可能なため、論理的に完全分離したネットワークを構築したいというニーズに対応可能です。
MPLSから独立して使用できるため、シンプルにご利用頂けます。

スタック機能とは、複数台のスイッチをスタック用のケーブルで接続する事で、仮想的に1台のスイッチとして運用が可能になる仮想化技術です。

スタック機能のことを、D-Linkでは「物理スタック」機能と呼んでいます。

また、メンバスイッチ間を跨いだ 802.3ad リンクアグリゲーションを併用することで、STPなどによる複雑な構成にすることなく、シンプルな構成で高度な冗長性を実現できるため、ネットワークの設計・運用稼働を劇的に削減することができます。

障害時には、ホットスワップでのメンバスイッチの追加、交換に対応しているため、より多くのポート数が必要となった場合でも、メンバスイッチを追加することで増設が可能です。

■スタック筺体間を最短でデータ転送
D-Linkのスタックスイッチは、Fastest Passアルゴリズムにより、筺体間を最短距離でデータ転送を行います。
万が一の故障の際には、リングスタック構成により迂回路を選択し、ホットスワップでメンバースイッチを入れ替え後には、通常時の最短距離のデータ転送に復旧します。


VRFはVirtual Routing and Forwardingの略で、1台のL3スイッチを仮想的に複数のL3スイッチのように利用することができるスイッチの仮想化技術です。
その技術の中でMPLSから独立して使用可能なように実装したものがVRF-Liteです。

VRF-Lite機能搭載スイッチはL3レベルでスイッチを論理的に分割して、それぞれでVRFインスタンスを保持し、VRFインスタンスごとに独立したルーティングテーブルを持つことが可能になります。

そのため、物理的に新規にルータや回線を準備する必要がなく導入/運用コスト削減効果や、新規追加ネットワークの構成変更が最小限で済むことで工数削減や工期短縮といたコスト削減効果が見込めるようになります。

対応機種

シリーズ名 物理スタック(スタック可能台数) VRF-Lite
○(最大スタック可能台数:4台)
○ (但しEI版のみ可能)
○(最大スタック可能台数:4台)
○(最大スタック可能台数:9台)
○ (但しEI版/MI版のみ可能)
○(最大スタック可能台数:12台)
○(最大スタック可能台数:6台)
○(最大スタック可能台数:6台)