医療法人弘徳会 愛光病院

病院においては、いつどのようなことが起こっても対処できるよう、常に万全の体制が求められる。それは院内ネットワークにおいても同様で、診療や業務を止めることがないよう、可用性に対する要求は高い。新病棟建設に伴い、新たなネットワークを構築した愛光病院も例外ではなく、将来の拡張を視野に入れた帯域の確保とならんで、冗長化による可用性の高さが重視された。

そこで選ばれたのは、D-Linkのスイッチ群だった。

1) 機器障害時にもネットワークを止めないスタックによる冗長化
2) 広帯域と拡張を可能にするSFPスロット、10G拡張スロット
3) 求める機能を備えつつ低コストでのネットワーク構築を実現

case_study_aiko

case_study_aiko2

医療法人弘徳会 愛光病院様 導入事例PDF版(ダウンロード1,201KB)