新製品情報

2011/05/30

「DGS-3120シリーズ PoEモデルとSFP多ポートモデル」販売開始のお知らせ

[新製品情報]

ディーリンクジャパン株式会社(本社:東京都品川区 代表取締役社長:廖 晋新(マーティ・リャオ)、以 下:D-Link)は、L2+ギガビットスタッカブルスイッチ DGS-3120シリーズにPoEモデル2機種とSFP多ポートモデル2機種を新たに加え、先行して販売をしていたCooperモデル2機種に加えた全6 機種として2011年5月30日からパートナー各社を通じて販売を開始致します。

PoEモデルからはDGS-3120-24PCと、DGS-3120-48PCの2機種の販売を開始致します。

DGS-3120シリーズ PoEモデルとSFP多ポートモデル

DGS-3120-24PCは、10/100/1000BASE-Tを24ポートとSFPコンボスロットを4ポート実装しており、DGS-3120-48PCは、10/100/1000BASE-Tを48ポートとSFPコンボスロットを4ポート実装しております。2機種ともに全ポートがIEEE802.3afに準拠したPoEと、IEEE802.3atに準拠したPoE+に対応しており、ポートあたり最大30W、装置あたり最大370Wの電源供給が可能です。IEEE.802.11nに準拠した高速無線LANアクセスポイントやカメラ製品など、高出力を必要とされる機器への電力供給に最適な製品です。また、オプション電源(別売)のDPS-700(2011年夏頃販売開始予定)を追加することで、装置あたり最大740Wの電源供給が可能になり、IEEE802.3af準拠のPoEであれば、15.4Wを48ポート全てに供給することも可能です。

SFP多ポートモデルでは、通常のAC電源モデルであるDGS-3120-24SCと、DC電源モデルのDGS-3120-24SC-DCの2機種の販売を開始致します。

DGS-3120シリーズ PoEモデルとSFP多ポートモデル

2機種ともSFPスロットを24ポートとコンボポートとして10/100/1000BASE-Tを8ポート実装しております。SFPスロットには、オプション(別売)のSFPモジュールを追加することにより光ファイバーを使用した最大80Km(1000BASE-ZXモジュール使用の場合)のデータ伝送が可能になります。また、DC電源を必要とするケースが多いデータセンターなどセンター内の光ファイバーを収束させるDC電源スイッチとしてDGS-3120-24SC-DCは最適な製品です。