新製品情報

2011/01/27

「DFL-260E」受注開始のお知らせ

[新製品情報]

ディーリンクジャパン株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:廖 晋新(マーティ・リャオ)、以下: D-Link)は、現在販売しているDFL-260の後継製品として、D-Link Green省電力機能に対応するUTMファイアウォール DFL-260Eを2011年1月27日から各代理店を通して受注を開始いたします。

本製品は現行製品のDFL-260と同様に、ファイアウォール、侵入検知・防御、アンチウィルス、VPN、IPS、WEBコンテンツフィルタリング等のセキュリティ機能が充実しており、小中規模向けのファイアウォールとしてだけではなく、コンパクトに1台に集約された統合セキュリティゲートウェイとして使用することが可能です。先行して販売しているDFL-860Eと同様に、本製品ではD-Link Green省電力機能を実装しており、ポートの状態や使用しているケーブルの長さに応じて自動的に電力消費の削減を行います。

DFL-260Eは、10/100/1000BASE-Tを7ポート(WAN x 1、DMZ x 1、LAN x 5)、USBポートを2ポート(※1)搭載しています。本製品は従来のDFL-260に比べ、スループット値、同時セッション数等が格段に向上しており、小中規模ネットワークや拠点向け、また教育機関等にも十分に対応することができます。本製品の標準価格は下記の通りとなります。

DFL-260E