新製品情報

2009/06/22

IEEE802.11b/g 対応無線アクセスポイント「DAP-1150」及びDraft IEEE802.11n 準拠PoE 対応高速無線アクセスポイント「DAP-2590」販売開始のお知らせ

[新製品情報]

ディーリンクジャパン株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:廖 晋新(マーティ・リャオ)、以下: D-Link)は、IEEE802.11b/gに準拠した無線アクセスポイントDAP-1150(標準価格¥11,800)を2009年7月中旬から、 Draft IEEE802.11nに準拠したPoE対応高速マネージメント無線アクセスポイントDAP-2590(標準価格¥79,800)を 2009年7月下旬から、パートナー各社を通じて販売を開始いたします。
7 月中旬から先行して販売されるDAP-1150 はIEEE802.11b/g に準拠しており、2.4Ghz 帯での無線接続が可能な SOHO 向け無線アクセスポイントです。本製品はWPS(Wi-Fi Protected Setup)対応により、簡単に無線ネットワークの構築及び接続を行うことができ、アクセスポイントモード・リピータモード・ワイヤレスクライアントモードの3 種類の通信モードの選択ができます。またWMM 機能にも対応しているのでVoIP 等のストリーミングデータを安定したパフォーマンスで提供いたします。
DAP-2590 は従来のIEEE802.11a/b/g に加え、Draft IEEE802.11n に準拠し、2.4Ghz 帯・5Ghz 帯の両周波数帯域において最大300Mbps のスループットを実現し、高速通信を可能にする屋内用高速無線アクセスポイントです。