新製品情報

2007/02/09

RoHS指令対応 集中管理対応ワイヤレススイッチ及び無線アクセスポイント販売開始のお知らせ

[新製品情報]

ディーリンクジャパン株式会社(本社:東京都港区 代表取締役社長 大久保 融)は、IEEE802.11 b/g準拠の無線アクセスポイント DWL-3500AP、IEEE 802.11a/b/g準拠の無線アクセスポイントDWL-8500AP、アクセスポイント集中管理対応のワイヤレススイッチDWS-3026を2月9日から受注開始いたします。
DWL-3500APは、IEEE 802.11b/g準拠、DWL-8500AP は、IEEE 802.11a/b/g準拠の高セキュリティで高速な屋内用無線アクセスポイントです。豊富なセキュリティ機能とQoS、そして外装素材にメタルの筐体を採用し、耐熱性、防塵性にも優れ、柔軟で快適な無線ネットワークを提供します。
最大54MbpsまでのスループットとD-Link108Gテクノロジにより、最大108Mbps(Turboモード)の高速通信が可能、 WPA/WPA2エンタープライズ、64/128/152bitのWEP暗号化機能、MACアドレスフィルタリング、SSIDのブローキャスト機能の無効化、マルチSSID機能などにより機密情報の漏洩などから防衛するビジネスユースにもっとも重要な安全性を確保します。
DWS-3026は、10/100/1000BASE-T(自動認識)搭載、SFPポートとのコンボポートが4ポート、10ギガアップリンク用拡張スロットを2スロット装備し、DWL-3500AP/8500APと組み合わせて使用するだけで簡単に能率良くハイレベルな無線環境を集中管理可能な、L2 /L3ローミング機能対応のワイヤレススイッチです。