最新ニュース

2012/06/05

D-LinkがWorld IPv6 Launch Dayの支援を強化 -IPv6-ready認定機器が企業、ISP、顧客へ向け将来の最大限の互換性を確保-

[最新ニュース]

D-Link Corporation(以下:D-Link)は、World IPv6 Launch Day「2012年6月6日」におけるIPv6規格への切替えと支援への参加を再確認いたしました。
当日は、IPv4からIPv6への公式の移行を示す国際的イベントの日であり、世界中のインターネットサービスプロバイダー(ISP)、ホームネットワーク機器メーカー、Web企業が製品やサービスに対して、IPv6を恒久的に有効にする日です。D-Link及びその他の参加企業による昨年のWorld IPv6 Dayの成功に基づいてインターネット協会(ISOC)は、IPv6規格が恒久的に利用できる準備は整ったと宣言いたしました。

国際標準時間(UTC)2012年6月6日深夜(日本時間6月6日午前9時)、協力する各ウェブサイトの管理者は、IPv6接続を恒久的に有効化します。参画するウェブサイトの管理者やISPは、加入者の1%がIPv6インターネットアクセスが有効となるようコミットする必要があります。これらの指針は、ベンダー、ISPやその顧客に対し、アップグレードを行い、IPv6の接続性で広がる恩恵を享受するきっかけをご提供いたします。

D-Linkは、いくつかのIPv6-ready認定を受けたCPEルータで当日のLaunch dayを支援いたします。IPv6-readyの認定を受けたCPEデバイスは、現在31以上あり、そのコンシューマルータは全てデュアルスタック、IPv4/v6トンネリングをサポートしています。

現在利用可能なIPv4アドレスが急速に使い果たされてしまったので、大規模なIPv6への移行は早ければ早いほど良い状況です。
D-Linkは、企業およびコンシューマが確実に切り替えができるよう準備しております。
IPv6に移行する準備がなされているので、D-Linkは、企業、コンシューマがその技術を採用することを積極的に奨励いたします。

2006年よりIPv6をサポートしているD-Linkは、この新しいインターネットプロトコルを積極的に推進している主要なネットワークベンダーの一つであり、また、2011年後半にUNH – IOL相互運用性テストに合格した最初の主要ネットワーク機器ベンダーでもあります。また、D-Linkは、将来の互換性と一貫性を最大限に保つため、802.11acやIEEE 1905.1のような最新の技術にもIPv6対応をするように働きかけております。また最新のD-LinkルータはIPv6 Ready PhaseⅡ認定を取得しています。

詳細はこちら→http://www.dlink.com/ipv6

【D-Link 社について】
世界 71カ国、187 拠点を有する世界的なネットワーク機器メーカーD-Linkは、 1986年創業から25年の歴史を持ち、エントリーレベルからハイエンドまでのスイッチ、無線 LAN 製品群、メディアコンバーター、IP カメラ、ネットワークセキュリティ等、ネットワーキングの全分野を網羅したネットワーク機器を、企画・製造・販売しております。D-Linkは 『Building Networks for People』 の理念の元、 お客様と社会全体にネットワーク機器を通して貢献できる製品作りをグループ全体で行い、約670の製品を年間3,000万台以上世界各国に向けて出荷しています。日本では 約10年間OEM 事業を中心に展開した後、2005年7月にD-Linkブランド製品の販売を目的とした日本現地法人を設立し、D-Link製品の国内への浸透を図っています。