新製品情報

2014/08/20

11ac対応のSOHO向け低価格モデル 無線LANアクセスポイント『DAP-1665』を販売開始

[新製品情報]

DAP-1665_A1_Image ディーリンクジャパン株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:廖 晋新(マーティ・リャオ)は、以下:D-Link)は、最新規格の11acに対応した無線LANアクセスポイント『DAP-1665』の販売を開始し、2014年8月20日よりパートナー各社を通じて出荷を開始致します。

 『DAP-1665』は、無線LANの最新規格であるIEEE 802.11acに対応した、単体動作可能な無線LANアクセスポイントです。
 IEEE802.11 a/b/g/n/acの 2ストリームに対応しており、従来規格の11n製品と比較すると、約2.5倍の通信速度となる最大867M/bps(*)の高速通信が可能です。
 SOHOユーザーや小規模事業所向けの卓上型モデルであり、推奨端末接続台数である10台前後までであれば、高いパフォーマンスを発揮することが可能です。

 『DAP-1665』は、最大8個のマルチSSID機能や、VLAN機能といった法人利用に必要十分な機能性を有しています。
また、直観的に操作可能なWEB GUI経由で、各種設定を容易に行うことが可能です。

 『DAP-1665』は、D-Linkの長期無償保証制度であるリミテッドライフタイム保証(製造終了日から5年間の無償保証)に対応しており、ネットワークの保守運用負担を大幅に軽減頂くことが可能です。

(*) 理論値